2011.04.12

仙台空港が仮復旧で運用開始

あれだけ被害があった仙台空港、震災から一月で仮に復旧して営業を再開するという
ANAは羽田ー仙台間を1日3往復飛ぶというニュースがあった

そこに飛ぶ機体はB737
機体にはメッセージが描かれている

Img_11_1302242118

Mimg_11_1302242159

被害に遭われ亡くなってしまった方は戻ってこない現実がある
被災して1月ではまだまだ心が落ち着くこともないであろう中
物理的な復旧が進んでいる

現地で復旧作業にあたられる全ての方の安全を祈るばかりだ

復旧にかける日本人の気持ちとスピードは世界に誇れるものだと思う・・・
復旧せずにすむのが一番なのだが・・・

| | コメント (0)

2011.01.26

久しぶりに西へ飛ぶ

最近西への移動が多いが、以前ほど元気がないので新幹線を使っていた.

たまには気分転換もかねて久しぶりに空路で西に移動することにした。
新幹線なら出発20分前に駅にいればいいけど、空港なら40分前には着いていたいそんなこんなで総移動時間はあまり変わらないが移動の雰囲気は随分ちがう。

久しぶりに第2ターミナルに行くと南側が増築されてから初めて利用になることに気がついた・・・。
早朝の便は空席が目立ち、登場もらくらく、隣の席は二つ空席で快適
ブッシュバックから34Rにタキシング・・・・と思ったらそのまま直進
なんと新しく出来たD滑走路05から離陸だ
Tokyoshinagawa08072_2
上図右下のD滑走路に行くには長々とタキシングしなければいけないのは一目瞭然。34Rのエンドから2000mは余分に走ることになり、タキシングの燃料消費と時間がかかる。しかしひとたび飛び立ってしまうと34Rが離陸して大きく右旋回、お台場、千葉を左手に東京湾上で180度回頭するのに比べて05からは半分の右旋回で相模湾上に向かえるので、飛んでいる距離は10〜20km、もしかするともっと短いかもしれない。また羽田北側住民への騒音もかなり低減されるのは間違いない。
また速度と高度が低い不安定な状態で陸地の上を飛ばずにすむリスク回避もできるとメリットもある。
南風で16Rが使える時以外は(冬期が多いのか?)西へ向かうのはD滑走路の出番が多くなるのかもしれない。

あっという間に富士山南側、この時期は空気が澄んでいるので美しい
Img_2750

| | コメント (0)

2010.05.21

空の上から

アメリカ製のワイドボディー機は自衛隊と共用の空港をローリングテイクオフ、珊瑚礁の海を眼下に上昇をして雲を突き抜けると上半分が青、下が雲の白色の空間に出た。機が水平になったころを見計らってテープルを出し白いビールの缶のプルトップを引く。
軽い飲み口の炭酸がのどを抜けるとほっとため息が出た。
順調に航路を北東に取り左後ろからの日差しを背に巡航していく。窓のシェードを少し残して引き下げた。
所用のため会社を休み出かけた帰りの便だ、浮かれた気持ちになれなかったのだが帰りの機でやっと落ち着いた気持ちになりキーボードを開く気になった。

目を閉じてこの数日を振り返る、ばたばたと過ごし意識の外で疲れが溜まっていたのかもしれない
機内の音楽を聴いていたイヤフォンをMacにつなぎ替えお気に入りの曲に切り替えた、Superflyの曲を選んだ

自分の街まであと1時間半、あと1200km、この贅沢な空飛ぶ書斎を堪能しよう・・・
Img_1760_2

| | コメント (0)

2010.02.10

空の書斎

久しぶりに搭乗の機会があった
昔は結構な頻度で利用していた空の書斎、ゆっくり物を考える場所として自分の立ち位置を振り返ったりする好きな場所だ

窓からゆっくりと流れていく冬の日本列島、外の偏西風とマイナス40℃の極寒の空気を通して機体の構造材一枚内側で自分を振り返る。
悔いもあり、あきらめもあり、少しでも前を向かなければいけないと自分に言い聞かせた朝だ

帰りは夕闇につつまれ羽田に舞い降りた。

Img_1375

| | コメント (0)

2009.12.21

朝焼けを空から見る

久しぶりに西に飛ぶ機会があった
朝一番に34Rを蹴って空に舞い上がった777
朝日が雲をオレンジ色に染めている
Img_1140

| | コメント (0)

2009.08.30

エアバス A380の4機編隊飛行

図書館でイカロス出版の「エアバスA380」を借りました
その中でA380 が4機で編隊飛行をした話が載っていたので探すとありました
壮観です・・・
でも見方によると重爆撃機の編隊にも見えたりしますが、平和利用前提のエアバスですので大丈夫ですね

| | コメント (0)

2009.08.17

これはすごい・・・低い!

| | コメント (0)

2009.05.30

B787を全日空より先に納入 T’s AIRLINE

はい、本日ボーイング社からB787が納入されました
これは全日空より早く、国内では最も早い納入になります。

はい、ウソですね〜
ゲームセンターのUFOキャッチャーでゲットしました
箱はこんな感じです
Sany0330

Sany0335







なんと、こいつは走るしエンジン音も出て、客室の窓も光る優れもの
全長はなんと約68cm!

| | コメント (0)

2009.05.06

ブルーインパルスが横浜に!

飛行機の懐かしいお友達からメールを久しぶりに頂いた
内容は横浜開港150周年祭にブルーインパルスが飛来すると教えてくださった
いやあ、ぜんぜん知らなかった・・・・
航空自衛隊のサイトをみるとしっかり記載してある!
うーん、晴れるといいなあ〜

本日より、blogの仕様を変更してコメントを再開します
管理者承認の後公開とし、スパム・内容に関係ないものについては管理者の判断で削除しますのでご了承下さい

| | コメント (0)

2009.01.22

ハドソン川の奇跡

すこしタイムラグがあるがハドソン川の奇跡、バードストライクからハドソン川に着水、全員帰還とすばらしく明るいニュースだった。

Youtube 等では着水の瞬間の監視カメラ映像なども公開され、断片的ながらその時の状態が伝わってくる。想像するしか出来ないが、鳥の群れに突っ込み両エンジンが停止、コクピットは真っ赤な警告灯に包まれたであろう、なにが最優先でなにをすべきか。元空軍の機長は今までに何度もシミユレーションをしていただろう、離陸時のエンジン停止を・・・この空港ならあそこに滑り込ますしかないなと
そうゆう起こりえる可能性を事前に検討しておき、あり得ないほど起こりえない可能性に備える。
それがパイロットだ 心より言いたい「GOOD JOB」と

補助エンジンで油圧が生きていたこと、旋回して空港に戻りたい本能を押さえ込んだ機長の論理的な判断、多くの船舶の迅速な救助が全員生還のドラマを産んだんだな

|

より以前の記事一覧