« メインマシンのHDDが壊れた | トップページ | MacbookのHDD→SDD »

2011.05.03

MacbookのHDD交換

【昨日の続き】
さっそくPCDEPOTに代替えHDDを調達しに行き、売り場を探します
さすがPCDEPOT、秋葉原に行かずともそこそこのものが安価に手に入るので、困った時にはよく利用しますが、そうそう困った自体にならないのがホントは一番いいんですがね・・・

さて2.5inch SATA 500GBを見ると8000円弱です、安くなったなあ。
昔はWindowsとmacのパーツの互換性なんて無かったから買う時すごく気を使ったけれど、現在ドライブ類は全然気を使わなくていいので楽ちんです。

お目当ての500GBは、あと1000円出せば7200回転の高速型が手に入るのですが、速度と発熱、寿命を考えるとここはバランスを考えて5400rpmの物を買う事にして、購入カードを手にしました。
ここですぐレジに向かわないところが僕の悪いところ・・・店内をうろうろして情報を集めます、この行為は店側にとっては飛んで火にいる何とかでしょう(笑)

先日、発売当日に入手したiPad2も展示してありますが、当日持ち帰れる物は少ないようです。なんとなく勝った気がしてきます(気のせいですw)

そう、iPad2、まだ使い始めて1週間も経っていませんが、ものすごく快適です。
特にWebブラウジングがとっても高速、静かで本体も熱くなりません。これは記憶媒体にHDDではなくSSDを採用しているからです。
さらに去年の末に新型になったMacBook Airも同様にSSD内蔵しており、お店に並んでいるMacBook AirのSSDは128GBです
僕は手にしたSATA 500GBの購入カードを見ながら、ふと、もう一度考えました

まず今のMacbook、とりあえず本調子なら性能的には十分だ
大きなディスプレーの高速なmac、欲しいことは欲しいが年度末に大判ポスターを作成する以外、ほとんど出番が無く、普段はMacbookで事足りる。つまりあと数年は毎日使い続けることになる。

買おうとしている500GBのHDDを取り付ければ、今までと同じように使えるようになる。でもiPad2で味わってしまったSSDは検討の余地がないのか?

SSDの利点は高速、発熱が圧倒的に少ない、衝撃に比較的強いことだ
逆に欠点は読み書き回数に制限があること、HDDに比べ価格が高価であることだ

前者はHDDだっていつかは壊れる可能性があるのであまり神経質になっても仕方ない。バックアップで対処してあえて無視して、問題は一番最後の容量と価格のバランスだ
現在SSDの512GBは約10万円する。HDDは8000円程度だから約12倍だ
本体より高額な記憶媒体への投資、僕の用途では意味が見いだせない。
では展示してあるMacBook Airの128GB容量はどうだろう、これなら現在は2万円で買えるので現実的になる。毎日あの高速な動作の恩恵を味わえるなら投資の価値はある。
すると問題は容量だ。僕のHDDの多くを占めているのはデジイチで撮影した写真データである。だいたい月に10000〜20000枚撮影し、気に入らないものを捨てても毎月10〜20GB増えていくことになる。そこで年度末外付けのHDDに待避させてメインマシンのHDD容量を確保しているのが現状だ。

120GBの容量であればBoot Camp環境でのWindowsの両刀遣いはあきらめざる得ないが、この一年何回Windows XPを立ち上げたか考えてみると・・・ゼロだ
よし、ここは切り捨てだ
そうなると全容量120GBの中で、写真のエリアを40GB程度確保できるように書類、音楽データを外付けHDDに待避させよう。

 さらに、今まで一年に一回だった写真データの待避も2〜4ヶ月に一回行うように頻度を上げよう。結果バックアップにもなっていいじゃないか!
上記の割り切りと、データを外に逃がす作業の頻度を見直すことで、あの素晴らしく高速で静かなSSDを装着できるのである・・・

そう考え、500GBのHDDの購入カードを棚に戻し、インテル製の120GBのSSDの購入カードを手にしてレジに向かうまで、今度はそれほど時間を要しませんでした。インテルの部品を自分のmacに入れる・・・昔だったら反逆罪ものでしたが現在はCPUがインテルだ、昔の敵は今日の友、例えるならシャー・アズナブルと手を組んで戦う心強さよ(笑)

つづく・・・

|

« メインマシンのHDDが壊れた | トップページ | MacbookのHDD→SDD »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« メインマシンのHDDが壊れた | トップページ | MacbookのHDD→SDD »