« フイルムスキャナーがタイムマシンに(その2) | トップページ | 雪の翌朝 »

2011.02.13

フイルムスキャナーがタイムマシンに(その3)

引き続き昔の写真を掘り起こして見た
過去を回想するようになったら十分老いた証拠だ
「昔はよかった」そう思うのか?
自問自答してみる
・・・・・・昔は・・・・・何にも考えていなかった・・・

高校3年の秋、受験勉強しなければいけないのに
横浜国大の空き地と呼んでいたところで、初めての愛車
ハスラー50でぐるぐる回っていた
元は黄緑だったのにオリジナルペイントになっている
当時はカッコイイと思っていた(笑)
Pict0101

次の愛車は浪人なのにアルバイトして買ったDT125LC1
ピーキーなじゃじゃ馬だったけど林道では4st250ccがライバルだった
当時はいけてると思っていた(笑)
Pict0305

そして一番思い出深い大学1年生の時に手に中古で入れた XJ750E1
カッコもそうだけど乗り方までオフ車から抜けられない(笑)
当時は渋いと思っていた・・・

とってもとっても大好きで、思い入れも一番あります
出来ればもう一度乗りたいですが、昔の恋の想い出はいま掘り起こさない
ほうがガッカリしない、そんな気もしています
よくヤフオクで眺めてはため息をついています
Pict0407

大好きだったXJも故障には勝てず、TZRのエンジンを積んだTDR250
速いんだけど落ち着いて走れない・・・・

当時は人と違うのがカッコイイと思っていた

ローギヤーなので第三京浜では6速でレッドゾーンまで回ってしまう(おいおい)
顔出ししていますが、風貌はこの頃と今とでは全然違うので参考になりませんのであしからず・・・
Pict0181

そして少しゆっくり走れるバイクに買い換えました
SRX-6 の2型
ところがどっこい、けっこうこまめにシフトしてやるスポーツ車でした
でも、いいバイクでした
しかし、みんなが認めるいいバイクでなんだか少しつまらなかった(笑)
Pict0442

この後、親父のお下がりのSERROW225初期型をしばらく乗って
休眠、現在に至る・・・
あまのじゃくな性格がよく出ている愛車遍歴の紹介でした
(実は車選びもあまのじゃく・・・別の機会に)

|

« フイルムスキャナーがタイムマシンに(その2) | トップページ | 雪の翌朝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フイルムスキャナーがタイムマシンに(その2) | トップページ | 雪の翌朝 »