« EOS7Dを導入して7万枚 | トップページ | フィルムスキャナーがタイムマシンに・・・ »

2011.02.10

相棒

僕がAppleを使いだしたのは17年前、会社でQuadra800を導入して実物に触れたことが始まりだった。当時自宅には入社した年に購入したEPSONの286VE(PC98互換機)があったが、たまに仕事でBASICのプログラムを組んだり、ちょっとした文書作成にしか使っていなく電源を入れるのは月に数度、モニタと本体で28万円もしたのに全然活用していなかった。
当時マックはパソコンのポルシェと言われるほど亜流で、そして高価だった。1セット100万円なんてざらだったしね

そこにPerformaシリーズが投入、折からのCD-ROMのコンテンツ販売、インターネット黎明期と重なり急速にシェアが広がり、価格も個人向けになってきた。そんな背景で僕が初めて買ったのがPerforma575だ。当時24万円だったような記憶がある。

その後Powermac7300、iMacDV400MHz、Powerbook G4 Ti15inch、Powerbook 12Inch、Macbookと徐々にステップアップ(?)してきた

でも、そのほかに友人や父のお下がりを手に入れたり、家人のマシン(Macbook、2台)導入もあり現在は現役(毎日通電している)が5台、壊れたけれど思い出があって捨てられないのが4台・・・(全てノート、Powerbook520,5300,G4-400MHzTi,12inch867MHz)いっそ万一の時は僕と一緒に埋葬してもらおうかな(笑)

現在の僕の愛機たち
左から先日ハードオフで12000円購入したPowerMac G4 1GHzディュアル+22inchシネマディスプレー、写真編集やイラスト作成用。
メインマシンのMacbook、メール、WEBなどなんでもこなす。
Macmini、父がiMac20inch購入したので不要になったものを引き上げてきたメール転送サーバーとして毎日使用、スペックは低いが消費電力が少なく静かなのでサーバー目的としては十分。
こうやって三台並べると壮観だが普段はこんな状態で使うことはない。
なんとも、お金がかかっていないけれど見た感じは贅沢な環境だなあ(笑)

CB4C26A2-97F2-4410-9408-10A93C6E1FC0

|

« EOS7Dを導入して7万枚 | トップページ | フィルムスキャナーがタイムマシンに・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26212/50827108

この記事へのトラックバック一覧です: 相棒:

« EOS7Dを導入して7万枚 | トップページ | フィルムスキャナーがタイムマシンに・・・ »