« ナビの修理 | トップページ | 戦いの時 »

2011.01.08

車載TV地デジ化完了!

最近車載TVでしきりに「地デジ対応お願いします」と表示されるのに辟易していたこと。7月の放送中止直前には対応製品の価格が高騰するのではないかとの理由から検討を進めてきた

方向性としては下記
(1)ナビ更新:候補はパイオニアのエアナビかゴリラシリーズ
(2)地デジチューナー購入、ワンセグかフルセグか

どちらも問題がある
(1)の問題は
・後席モニターの継続が出来るか?
・価格(エアナビで4万円)

(2)の問題
・バックカメラとチューナーの共存、リバースに入れると
 自動的にバックカメラ画像に切り替わるシステムを継続できるか?
・NAVI購入して10年以上経過している、投資価値はあるか?

ここに来てNAVIのタッチパネル不具合を完全ではないが消し去ることが出来たので投資価格の少ない地デジチューナーを買うことにした。
いろいろ調べるとワンセグは価格がかなりこなれてきている。5千円も出せばいいようだ。しかしフルセグの画質のいいのも魅力があるが価格は2〜3万円になる。
いろいろWEBをさまよって決めたのがこれだ!

こいつの特徴はフルセグだが1チューナーと廉価版、ワンセグチューナーで電波がいいところではフルセグになるコンセプトで価格を下げる狙いだ。

この時点でリバースに入れると自動的にバックカメラ画像に切り替わるシステムは我慢するつもりで手動の切り替えスイッチを作るつもりでいたのだが。上記のチューナー購入ページで「この製品を購入したユーザーはこの製品も同時購入しています」を見ると・・・

あるじゃないのAV自動切り替え機(バック信号自動切り替え)が!
これこれ、価格も安いし一緒に購入することにした。

ふたつ合わせても1.5万円、うん満足。
AMAZONで頼むと翌日には宅急便で届く・・・なんて便利な!
Img_2709
そして昨日さっそく取り付け
チューナーと切り替え機は助手席足下へ
Naviは既存の物をすのまま使う
Img_2711

このことで下記のシステムが構築できた
・後席モニターの継続
・バックギアー連動バックカメラの継続
・地デジ対応(条件がよければフルセグの綺麗な画像)
・費用15000円

気になる画質はフルセグならすごく綺麗、ワンセグはそれなり
チューナーの感度は期待以上だ
ただしマンションの影や丘等の電波の影になるとやはり受信できなくなることがある(そりゃそうだ)。アナログなら画面はホワイトノイズになっても音声は何とか聞こえて話から判断して途切れることがないが、地デジは画面が止まってしまう
高画質、多くの情報が送れる地デジだが車載で使う時にはそんな欠点が出てしまう

まあ実際には以前より途切れる頻度がかなり少なくなったので非常に満足している。
しかし、載せ替え作業をしている時に感じたのだが、圧着端子をカシメる作業、昔だったらサッツサと出来たのが、なんとなく端子を落としてしまったり、要領が悪くなったとふと思った・・・加齢の影響かしら
細かい作業には自信があったんだけどなあ・・・

|

« ナビの修理 | トップページ | 戦いの時 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ナビの修理 | トップページ | 戦いの時 »