« 歩くという意味・・・徒歩で小田原に行ってみた(その2) | トップページ | 歩くという意味・・・徒歩で小田原に行ってみた(その4) »

2009.08.10

歩くという意味・・・徒歩で小田原に行ってみた(その3)

実際、大磯に着いたときには、もうやり遂げた感があった
車で来ると大磯から小田原までは結構近いからね・・・
大磯で感じ始めた足首の違和感もなんとかごまかし続けるつもりだった

Img_0474 しかし大磯から二宮までが5km、二宮から国府津までが4km、国府津から鴨宮までが3km、鴨宮から小田原までが4km 合計で16kmある。
ペースの落ちた僕はなんとか時速6kmは維持しているが痛みから靴を直したり休憩する回数も増えてきた。
途中まで雲に覆われていた空も回復して夏の太陽が顔を出し、首筋に容赦なく日差しを照りつけていく・・・
まだたどりつかないのか・・・そればかりを頭の中で反芻する

実のところ、大磯から先の駅名と距離感は普段使うことのないので、あまり把握していなかった。次が何駅か、あとどの位歩けばいいのかだんだん冷静な判断が出来なくなって、ただ歩いているだけになっていた。

痛さが強くなると休み、喉の渇きが来る前に自動販売機でスポーツ飲料を買って少しづつ飲んだ。軽くどこかで休んでご飯を食べようかとも思った。しかしながら午前10時前だとほとんどの飲食店はまだ開店前だ。

なんとか国府津で国道沿いのマクドナルドに入って、冷たい飲み物とチーズバーガーで燃料補給をした。店は連休のスタートらしく家族連れ、カップル、グループで訪れたお客で満員、これからレジャーに行くらしく元気で笑顔に溢れてる。それに比べ僕は体力を使い果たしボロボロの表情でテーブルに着いている。何をやってるんだろうね、俺って浮いているな・・・早く立ち去らなきゃ・・・そう思っているときに限り出来たらお持ちします札を持たされたチーズバーガーが来ない。ドライブスルーの対応で店はフル回転、僕は最小限の炭水化物と脂質の補給でしかない120円のチーズバーガー。
20分はじっくり待ったけれど怒る気がしない、結局完全に忘れ去られていることを覚悟して開き直って目をつぶって休憩することにした。午前2時から8時間も歩き続けているんだから、少し休んだっていいや。

坊主にCW-Xのタイツ、日に焼け排ガスで黒くなった顔の男が不機嫌にチーズバーガーを待っている。そんな状態をやっと店の人が気づいたようで「チーズバーガー・ワン・※※※(急ぎという意味のようだ)」の声が聞こえ、程なく小さな包みが届いた。最初にカウンターで受け取ったアイスコーヒーはもうほとんど残っていない。パサパサした目的の物を口の中に押し込み僕は逃げるように店を後にした。そんなに意識すること無いのだろうけど家族連れやカップルから好奇の視線を背中に感じながら・・・

しかし不思議なのものでエネルギーを口にしたのが効いたのか少しだけ気力が戻ってきた。脚に負担をかけないように歩幅を縮めたり、日陰を選んで休んだり工夫をしながら少しづつ前進する。国府津から出ている小田原行きの路線バスに何度も抜かれる。実は僕は今回の冒険に初めてiPhoneを持って行った。撮影した写真は全てiPhoneで撮影した物だ。こいつのGPS地図機能を使えば今自分がどこにいるのか、あとどれだけ残っているのか一瞬にして正確に把握することが出来る。でもこの状況では自分の位置を知るのを良しとしなかった。そうしない方がいいと考えたのだ。正確に知り現実を突きつけられて心が折れてしまうような気がしたのだ。

たかだか舗装された道を歩いているだけなのだが、脚の違和感と痛みが自分をそこ状態に追い込んでいた。

Img_0489 そして酒匂川にたどり着いたのが11:30、残り4kmだ。当初の予定ではイーブンペースで10時半には到着できるだろうと考えていたのだが、前半コンビニに何度も寄ってトイレ休憩をしたこと、脚の違和感から海岸で休憩したこと、マクドナルドで長めの休憩をしたことが影響して1割弱の遅れになっていた。ただこれはタイムレースではない、自分の脚で小田原城を見に行く旅なんだ・・・

Img_0492 そして12時、家を出て10時間 49kmを歩き通して小田原城に到着した。
実はもうこの時には全然余裕が無くなっていて天守閣がもっと大きく写るアングルを探して写真を撮ったり、場内を見学したり、お土産を買ったりする予定が全くその気が起きなかった

ただ着いた・・・それだけだった。ゴールでは誰が迎えてくれているわけではなく観光客が楽しそうにグループでおしゃべりしながら僕の横を過ぎ去っていく。

僕のこの夏の冒険、大部分が終了した。達成感はまだそんなに感じてはいない

つづく

|

« 歩くという意味・・・徒歩で小田原に行ってみた(その2) | トップページ | 歩くという意味・・・徒歩で小田原に行ってみた(その4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 歩くという意味・・・徒歩で小田原に行ってみた(その2) | トップページ | 歩くという意味・・・徒歩で小田原に行ってみた(その4) »