« Nike+ ついに800kmを越えたぞ | トップページ | T's Cockpit は焼トン「かつちゃん」を応援します »

2008.12.07

過緊張とは?

さとなおさんのblogに表題の過緊張について書かれている。
過緊張?初めて聞く言葉だ
意味は↓
11月27日11時15分配信 J-CASTニュース

 毎朝、目覚まし時計が鳴る前に目が覚める。結構なことのようだが、本当は危ない症状なのだ。「過緊張」といい、それが疲れの原因になっているとい うのだ。働き盛りに見られる不眠、肩こり、体のだるさ、ほてり、女性に多い冷え症もそうだ。病気とまではいえないが、ほっておくとよくない。
 「過緊張」とは、心や体の緊張が進んでしまい、ゆるめたくても自分ではゆるめられない状態をいう。病気というほどではないが健康でもない、いわゆる「未病」を引き起こす「元凶」ともいえる。
 たとえば、毎朝、目覚まし時計が鳴る前に目が覚める。体内時計が朝起きる時間を覚えているなどと自慢げに話す人がいるが、そんなことを言っている場合ではない。仕事へ出かけなければならないという緊張状態からくる一種の症状で、ストレスが溜まっていく前ぶれなのだ。
 眠りが浅く夜中に何度も目が覚める、トイレに起きる。暑くもないのに汗をかいたり、あまり気づかないが喉や胸につかえを感じて呼吸が浅くなったりする。寝起きなのに肩が凝り固まっている。こうした症状も、過緊張が原因とされる。

ふーん、俺の目覚めは目覚まし時計いらず。小学生のころからずっと同じ・・・
不眠× 肩こり△ 体のだるさ× ほてり× ついでに言うと寝付きの良さ◎

うーん、どうやら僕は大丈夫だと思う。通勤ウォークを始めて体の調子がとってもいい、体の代謝が良くなったようでお肌もツルツルしているのがわかる

記事の中では養命酒がいいらしい、ジンロじゃだめ?w

|

« Nike+ ついに800kmを越えたぞ | トップページ | T's Cockpit は焼トン「かつちゃん」を応援します »