« 減量生活その後 | トップページ | HONDAの電動自転車ステップコンポのバッテリー再生成功(その2) »

2008.06.01

HONDAの電動自転車ステップコンポのバッテリー再生成功(その1)

4601 今は撤退してしまいましたが、HONDAが電動自転車をつくっていた時期がありました
僕は2001年の8月にステップコンポというステップワゴンに搭載可能な当時では珍し折りたたみ式の電動アシスト自転車を購入しました。
当時の10万円以上した記憶があります。

それでも屋内保管をしていたおかげでつい最近まではときどき乗っていたのですが、去年の秋頃から、やはりバッテリーがへたってしまい全くアシストしないようになってしまいました。

バッテリーを交換すればいいのですが14000円という価格を考えてしまい、ついほっておいたところ、ステップコンポのバッテリー交換をされた方のBLOGを見つけました。

まあ、そんなこんなで触発されて、我が家もそろそろバッテリーを買わなければと思ってWEBを調べてみると「納期に時間がかかる」とか、「そろそろ在庫がない」とか、あんまりいい情報が書いてありません。
さらに、「もしかすると交換用バッテリーはずいぶん前に作り置いた物で、今では新品として買っても既に古いかもしれないなあ・・・」と考えていたら、いつもの悪い虫がうずきだしました

実は、以前お掃除掃除機ルンバのバッテリーがへたったときにニッケル水素電池を入れ替えて蘇生させたことがあります。このときは単2相当の純正バッテリーを市販の高性能単3ニッケル水素電池に置き換え、同等の性能を出せたんです。

今回も同様の改造をしてみようと企みました、あくまでも僕が個人的にやったことですので、火が出るなど事故があっても一切関知できませんので注意願います

Img_0214_resize1さて、前記の記事からバッテリーは比較的簡単に取り出すことが出来るのがわかったので我が家のステップコンポのバッテリーも分解することにしました。
バッテリーの皮から電池を取り出すのは簡単、+のネジをドライバー数本緩めるだけなので誰にでも出来る作業です。
普通ならここで交換用バッテリーを交換しておしまいなのですが、ここからが貧乏性というかアマノジャクというかあえてやっかいな方向に進んでしまうのが僕の悪いところ・・・

いやねえ、バッテリーで14000円ってずいぶん高いじゃない?純正のは24V3700mAHだから、同等のニッケル水素電池なら走って充電も支障ないだろうと考えたのです(浅はか)
そこで単2のニッケル水素電池が流通量が少ないせいか結構値段がするので、お掃除ロボットルンバで成功した高性能な単3への置き換え、さらに次の交換時期に楽になるように電池ケース内蔵型として改造をチャレンジしてみました。
前回も嘆きましたが電池ケースなんか昔はその辺の文房具屋や模型屋さんで簡単に入手できなくなったばかりか、お店自体もなくなっている傾向ですよね・・・そこでしかたなくまた秋葉原界隈まで足を運びました。
行く先はいつもの秋月電子というパーツ屋さんです。ここで単3の電池ケースを調達
6個用が100円
!これを3個、2個用が40円。これが1個、電池クリップのついた電線が10円、これが4つで40円!
つまり電池ケースの値段は合計で380円!

今回単3にニッケル水素電池はアキバオーで購入、2700mAの単3が約300円、20本で6000円

純正の交換用バッテリーは3500mAHで14000円
今回狙っている単3の置き換えは2700mAHで6340円 価格対効果は充分ある(はずだった・・・)

Img_0217_resize1 さあ、材料さえ買ってしまえばあとは配線するだけ、ちょこちょこっとハンダ付けして組み付けます。

実は電池を買う際にちょっとケチってしまったことがあります。24V なので1.2Vのニッケル水素電池は20本直列にしなければいけないのですが、12本は以前roombaに内蔵した電池を使い廻すことにしました(使っているうちにroomba自体が壊れてしまい電池だけ余っていたんです)。(あとで問題になる・・・)


電池を実装するとこんな感じです

Img_0218_resize1 あとはケースに戻すだけ。最初に入っていた電池が単2相当だったので収納場所には余裕があります。

このときは私も余裕綽々、完成を疑っていませんでした。

しかしそうは問屋が卸しません・・・

はやる気持ちを抑え、さあ充電しようと充電器に接続すると充電ランプは点滅、つまり充電準備中を示します・・・この準備中、元気なバッテリーでも接続時にたまに見ることがありますが、準備中から充電に切り替わりません。ダメを承知で自転車に搭載して試乗してみると・・・全然アシストしません・・・

だ、だめだこりゃ!
自分なりに冷静に原因を考えると、まず接続部分端子間の電圧をテスターで当たると24Vに達していませんでした、うーん・・・・これはroombaから廻した電池がしばらく放置してあったので充電しないんだな!と結論づけました。
この判断は半分正解ですが半分は間違えだったのです

長くなったので、続きは「その2」につづきます

|

« 減量生活その後 | トップページ | HONDAの電動自転車ステップコンポのバッテリー再生成功(その2) »