« いよいよマックワールド | トップページ | 40D復活 »

2008.01.16

冷静にMacBook Airを迎える

Productair本日のwac worldサンフランシスコで発表されたMacBook Airはpowerbook2400以来の光学ドライブを廃した軽量ラップトップで発表してきた

昔からその線の発表を心待ちにしていた僕としては嬉しい限り、めざましテレビなどでその薄さ、iphone風のトラックパッドを紹介されていた。

選択肢が増えたこと、魅力的なハードを提供してきたアップルに敬意を示しながら、さて僕は買うか?と自問自答したとき、今は買わない思った。

一番の理由は出先でmacを使う頻度ががくんと減っている現状だ
これが2年前だったら月の内なんどか出張して移動時間にはPowerbookが欠かせない存在だった
しかし今では月の出張は一度あるかないか、ほとんどのシーンをW-zero3アドバンスesで乗り切れてしまう
2番目がEOS40Dを購入したことによるデジカメデータ保存に関する画面サイズとHDD容量の要求が大きくなったこと、80GBでは物足りない(これは増設か)
今。(これが大事)一番僕の用途に合っているのはMacbook Proの15、もしくは17inchだと冷静に思う

さて買わないと自己暗示をかけたところで、他のライバルと比較した場合、僕の評価はこうだ
まず一番気にくわないのが駆動時間。HPでは5時間と示されている
一番比較されやすいのがLet's Noteだ、12inchと小さい画面だが10時間オーバー、日帰り出張でお釣りが来る
実は今日一日考えていたのだが、このくさび形デザインにこだわらなければ10時間駆動のバッテリーを搭載できたのではないか?

結果ありきたりの形状になって話題にもならなかったかもしれない
それはMacbookに任せればいいだけの話かもしれない
でもね、モバイルマシンの大事な要素の一番はデザインでも薄さでもなく駆動時間じゃないだろうか?
へっ?予備バッテリー買えって?
そうじゃないだろう・・・て思ったよ(今日は)

これが現物触るとイメージ変わるんだろうなあ・・・(何度も経験済み)

でもまあ、まずはアップルのエンジニアに敬意を表したい
よくやったと思います
沢山売って設けてまた夢のあるビックリするようなマシンの開発費にあててくださいね

|

« いよいよマックワールド | トップページ | 40D復活 »