« 光量が不足してくる | トップページ | 美しく、はかない朝焼け »

2006.10.13

痛勤…

通勤が嫌い
何が嫌いかって、行き交う人の心が寒々しいんだよね
僕の乗る相鉄から京浜東北に乗り換える地下連絡通路
まずここが嫌い
工事が長く続いているせいだけど、狭いところを沢山の人が双方向に流れる
年輩もいればおしゃべりをしながら歩く学生もいる
流れがばらばらで淀みがある。

僕はこの歩きづらいこの連絡通路を、つい先日までは目の前のゆっくり歩く人間を心の中で罵り、反対側から来て自分の前をぎりぎりですり抜けていく輩には蹴りとばしたくなる感情を抑えるのに必死だった。

でもこれじゃいかん、殴ったり蹴ったりしたら今の生活がぶちこわしだ
イライラしたくない
なんとか怒らすにいる方法を考えなくては…
そこで考えたのは流れる人間を川の水の流れにたとえ人間を見ても無機質と考えることとした。目の前の人間を見ないようにして流れ全体を俯瞰して連絡通路を通るように考えを無理矢理変えたんだ。
するとどうだ、前よりもスムーズに歩け、ぜんぜんイライラしない。

子供だましのような自分だまし
つまらないところで自分の心にストレスをためないようにする工夫

|

« 光量が不足してくる | トップページ | 美しく、はかない朝焼け »

コメント

気持ち解ります。横浜の地下は酷い混雑ですよね。あそこ行くと完全に諦めて、人の流れに身を任せます。
そんな私も羽田空港だけは別です。
俄然、人の間をすり抜け突き進みます。
だって乗り遅れたらたまったもんじゃないもんね

投稿: だんでぇ | 2006.10.13 11:55

【南武線のずうずうしい女性(40代前半?)】
いつも川崎まで乗ります。いつも登戸で席を立って降りる人の数人をマークしています。マークした人を発見したら素早くその人の前に立ちます。
降りる時にその人を降りやすくしてあげて、交代に座ります。
(約1時間電車に乗る学生時代から習得した技術??)
木曜朝に起きた「事件」
登戸で座ったとたん中野島から乗ってきた日経新聞を読んでいた(自分も日経を折りたたんで読むのが日課だが。とても会社では読めないので)40代前半と思われる女性が、私が座るなり「ここは私の席よ!」と叫んだ。
私:「はあ?」
女:再度「ここは私の席よ!」
私:「この電車、指定席ではないですが?」
女:「・・・」
私:「お体悪いんですか?ご気分でも悪いんですか?それならお譲りしますが・・・」
女:「いや そうではありません。」
私は座り続けました。女性も川崎までなんだか不機嫌そう新聞バリバリ音を立てて立っていました。
これって何でしょう?お年寄りなら考えますが。
この女性って会社でも傲慢そう。ストレスたまってるのかも?
自分勝手な恥知らすだと思いました。

私に非がなにかあるんでしょうか?
できるだけ着席通勤したいから。

投稿: わいえむ | 2006.10.14 00:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26212/12262676

この記事へのトラックバック一覧です: 痛勤…:

» 一部屋ずつが掃除のポイント [暮し・住まい・ケンコウ・生活くふうお役立ちサロン]
生活の工夫についてのブログを立ち上げました。よろしければ遊びに来てください。 [続きを読む]

受信: 2006.11.03 09:38

« 光量が不足してくる | トップページ | 美しく、はかない朝焼け »