« 産婦人科 堀病院の報道について | トップページ | iphotoの調子が悪い »

2006.08.28

お世話になった方を偲ぶ会

昨日の日曜日、「Kさんを偲ぶ会」が横浜のホテルでしめやかに、そして盛大に行われた
Kさんは僕が幼少の頃からかわいがっていただいてた気持ちの暖かい方だった
それが本当に突然、先月外地で他界されてしまった。

まだまだ若く元気だったご一家の方のお気持ちを察するだけで僕も辛くなっていた
そんな中、帰国されたご家族が忍ぶ会をされるという
僕も何か出来ることはないかと僭越ながらお手伝いを申し出た。

偲ぶ会を企画する段階から何度かご家庭にお邪魔して打ち合わせに参加させていただき、ご家族の暖かさ、ご主人のすばらしさを心から感じた

そして昨日、200人近い参列者が訪れてくださった
形式、進行から芳名帳まですべてご家族の手で用意された手作りの会、無宗教とのことで、読経もお説教もなしに奥様の生前のご主人のすばらしさと来訪者への感謝の言葉に始まり、ご主人の笑顔の写真に一人ずつ献花をし、お友達にお言葉を頂き、奥様所属の合唱団が賛美歌を歌う会、そして美しく育った娘さんたちの父への贈る言葉に終わった。ご主人が大好きだったビールを参列者が飲みながら思い出をそれぞれ語りながら!
いままで僕が体験したことがない会だった

僕は今回お手伝いしていた立場でどのような会になったか、客観的に感じることが出来ない
ただ参列者のお顔、なしとげたというご家族のお顔を見ると、みんなもいい会だったと思っていると確信した。すばらしい会だった
実は個人的には、練習した進行の役目も自分では思っていたよりもうまくできなく、ご家族にちょっと申し訳ない気持ちがある。
後半の賛美歌から娘さんたちのスピーチにかけて、自分の気持ちの高ぶりをうまく押さえることが出来なかったのはもう仕方ないとして、出だしの緊張で言葉がとっちらかってしまったのはものすごく反省している…
会社のくだけた会でちょっとマイクを持って話し慣れているおごった気持ちが無惨にも砕けた結果だ、やはり奥が深い、プロはプロだ。今の会社を首になったら結婚式の司会でもしたいなんて酔った席で言っていた自分がものすごく恥ずかしい。もっと精進しなければと心から思った一日だった。

ともあれ、あれだけの会を運営した素敵なご家族に敬意を示し、そしてご主人のご冥福を心からお祈りします。

|

« 産婦人科 堀病院の報道について | トップページ | iphotoの調子が悪い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26212/11642677

この記事へのトラックバック一覧です: お世話になった方を偲ぶ会:

« 産婦人科 堀病院の報道について | トップページ | iphotoの調子が悪い »