« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006.06.29

B777の主翼が寂しいと思った

Img063
窓から主翼を眺めていると、B777の左主翼に何も文字が描いていないことに気が付いた
あんまり気にしていなかったんだけど、昔は日の丸とか機体番号のJA8112とかJALとか描いてあったはずだよなあ?
左主翼にないだけで右にはなにがしかあるんだろうけど、なんかちょっと寂しい
胴体にはいろいろ描くのにねえ…
まあ、乗客では主翼の動きをほじるように観察するのはレアケースだろうからなあ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.06.28

スカイマークエアラインの革張りシートが嬉しいか?

ここに一つの事例がある
スカイマークエアラインのB737に黒い革張りシートの機体がある
全部の機体を見たわけでないので僕が見たことがある中でのな話だ

スカイマークといえば無駄を省いて旧態依然の大企業に風穴をあけるべく投入された振興航空会社だ。航路によるけど日航、全日空の半値近い値段が普通料金で設定されている場合が多い

アテンダントがグランドクルーを兼ねたり、機内での飲み物サービスを省いたりして低価格を実現しようとしている。

そこに革張りシート?聞いたときに首を傾げてしまった
実際にB737の一本しかない通路の両側に黒いシートが後ろまで続く光景を見て「うわー豪華!素敵!」とは思わなかった
まず狭い機体に黒いシートは解放感を阻害する、そして座り心地も生地にくらべるとサポート力に欠ける、つまり滑るので体を保持しにくい。やはり皮なりの凹凸のあるシート形状が必要だと思う。
いったい誰のための皮なんだろう?

なんだか、みんなで手作りの料理を持ち寄った気の置けないパーティーにデパートで買ってきた高級お総菜を持ち込まれたようなしらけた感じがするのは僕だけだろうか

ここはやはりコンセプト通りで行けばシンプルで清潔な普通のシートにしとくべきだったと思うな
せっかく大会社とほぼ同じシートピッチで頑張っているんだからさ

ただ、この皮シート、どこかのエアラインがキャンセルして余っていた安売りシートだったとしたら僕は諸手を上げて賛成するけどね(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.06.27

B777の新シートはレカロ製

Img064
全日空の機内紙で紹介されていた新シート、ライバル会社の赤い翼で先に体験することになった。
全日空での歌い文句は膝下が広くなることを強調していた
まずパット見た感想はシートバックの厚みが今までの半分ぐらいに薄くなっていることに気が付くはずだ。さらに幅方向も短くなってシートバックの間から前の席がずいぶん見えるようになった。
このおかげでシートの可倒式になっているヒンジの回転軸中心を前方に移動することが可能になり結果的に膝の手前を大きくえぐることにが出来るようになった。非常にあたりまえのことで論理的なシートピッチを広げずに膝周りの広さを確保する解決法だ。

ただし、座り心地はふんわりした感触は消え堅めのOAデスクのような感覚になった
疲れにくさへの配慮とも言えるが、やはり犠牲になってしまったところと言わざる得ない
上級シートがそうならなければ説得力に欠けるが、そちらはゆったりふっかりが今後も続くだろうということは容易に想像が付く

しかし大柄なわたしはこのシート助かる。膝の前の空間が手のひら一枚ぐらいの厚みしかなかったのが2枚以上に広がって体の自由度が確保された。小さいようでこの違いは大きい

そして航空会社は言わないけれど、あと二つ理由がある。
それはシート単体価格の低下と重量削減だ。ざっと見た限りシンプルな形状でコストは大きくダウン、重量も数キロ軽くなっているように見える。777クラスでは1脚の重量が2kg減っただけで1トンよけいに荷物が積める勘定になる。初期投資の低減、重量削減による搭載重量の増加と燃費削減に大きく寄与する。旅客サービスを前面に掲げているが、本当の理由はこっちなのが本音だろう。広く快適を狙うならいままでのシートを使ってシートピッチを5センチ広げればいい。
ただそうすると60列で3m必要になり2列ははみ出し3、4、3x2の20人定員が減ることになる
そんなことはしないよね、この厳しい時期に…。そこで今回導入のシートだ!

シート背面のテーブルを固定する金具にレカロのロゴを入れて高級感とエルゴノミクス配慮をアピールするのも手段としては悪くないけどね…

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.06.23

朝からw-zero3ファームアップ

ふっと目が覚めると4時過ぎだった
そうだブラジル戦やってるんだよなとTV付けたら1:0で日本勝ってる!
夢じゃないかと思ってたら前半ロスタイムから…

そんなんで早起きしたらw-zero3がファームアップしたという情報が!
早朝だから8MBのダウンロードでもいいやと朝の支度をしながらダウンロード
出がけにファームアップしようとしたら電源アダプターを繋げとアラートが出る

満タン充電なんだけどなあ
ファームアップのプログラムを流すと進度のバーが伸びてどこまで進んでるかがわかるようになっている。しかしこいつもwindowsの仲間、バーが止まったり急に伸びたり、全体に対する比率じゃないからいつ終わるんだか見当が付かない。
じれったくなって「更新中」と大きく表示されたままのw-zero3を持って会社に向かった
アダプターを抜いても今度は文句言われなかった

駅に向かうバス停に着く寸前に無事更新が完了してこうやって書き込みをしている
どこが良くなったか実感できるかな
楽しみ楽しみ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.22

デジタル一眼レフがくれるもの、失ったもの

僕は昨年末にEOS KISS デジタルとレンズを2本購入した
小型のデジカメのレスポンスの悪さ、AFの速度と精度に我慢できなくなったからだ

素人の僕には充分すぎる性能で撮影する喜びと、難しさの両方を与えてくれた。
すばらしい製品だと断言できる

しかし失ってしまったものがある
それはシャッターを押す緊張感だ。
狙いすました渾身の1枚という撮影方法は皆無になった

高校生の頃、父のNIKONを借りて撮影していた頃の1枚は大事に大事に撮影した
お金を節約する意味でモノクロフィルムを使い、写真部の暗室を借りて一枚一枚現像した。赤いランプの灯る酸っぱい臭いが今も鼻腔の奥に甦る
あのころは月に50枚撮影しなかったと思う

そして今、1GBのCFには800枚の画像がため込める。先日1日の撮影枚数がこれでは足りずにもう一枚、1GBのCFを買い足したところだ
バスケットボールの撮影に行くと連写の嵐になる
狙ってからシャッターを押してはワンテンポ遅い絵になる
そこでこの辺に来るだろう、いい顔になるだろう、いいシーンになるだろうと思う場所にレンズを向け予測AFに全てを託しシャッターボタンは押しっぱなし
モーターが軽快な音でミラーを跳ね上げ、元に戻す動作を繰り返す
僕は写真を撮っているのだろうか、ふとそんな気持ちになることもある

そんな撮り方で、できあがった写真の多くはぜんぜんだめだ、そりゃそうだよね
デジカメは動物の目ではない。
それを補うように撮影者が設定値と魂を入れ込むからいい写真になるんだ、きっと

ただ、物量がもたらす効果で数十枚に一枚、はっとするようにいいのが写っていることがある
自分で言うのもなんだが、ものすごくいいやつだ
息を止めてシャッターチャンスを待つ手法では絶対に狙えないような絵が撮れる

それは僕の腕じゃないって、カメラの性能と偶然の神様が与えてくれるご褒美なのかもしれない。
僕はそれがなければ写真を撮り続けることをとっくに投げ出していたかもしれない。

そんなわけで、デジカメが主流になりつつある今日、銀盤カメラの根強い愛好者がまだまだいるのもわかる気がする。
僕にはデジタルが合っている、それは十二分にわかっているのだけど昔触っていたNIKONの雰囲気も又忘れることが出来ない。

僕はあたらしぶっているけど古い人間なのかもしれない

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.06.19

SONYの46inch液晶TV、価格交渉にw-zero3活躍!

Img060
実家がTVを買い換えるという
キーワードは大画面だ。
大画面と言ってもその他のキーワードが沢山ある
ハイビジョンに地上波デジタル、プラズマか液晶かなどだ
値頃感もインチ数によってちがう
そこで相談を受けたのだが設置場所と値頃感を考えると42inchあたりがいいのではないか勧めたのだが、出来るだけ大きい方がいいとのことで45inchあたりに絞って検討
ただこのクラスはまだ量販とは行っていないのか、やはり割高。
まず価格comで下調べをして●●●電気に見に行く。
そこで候補に上がったのはsonyの46inch液晶最新型
w-zero3で価格comの値段を見せながら微妙なラインで交渉した結果、5年保証をつけて税込33万円でご成約
価格comの最安値から数千円高いけど安心感や設置もしてくれて5年保証も付けられた(価格の5%だから裸の値段なら31万5千円だ)
最新型をこの価格で帰れば非常に満足だ
昔はそろばん、ちょっと前なら電卓、そして今はw-zero3が価格交渉の最前線にいる!

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006.06.18

地区センターの駐車場渋滞中

Img058
雨の日曜日、10時過ぎの現在、地区センターと図書館に隣接した公共の駐車場には長蛇の列が発生
早起きは三文の得というけど、ホントだね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨の日曜日どこで遊ばせるか?

Img057
雨の日曜日
僕は相変わらずいつもの時間に目が覚めてしまう
5:30だ(笑)
ネットを巡回してHDDレコーダーに撮りためておいた音楽番組を数本見るとチビたちが起きてくる。
ここで僕の時間はひとまず終了
朝飯食わせて洗濯がひと段落すると地区センターが開く時間になる
我が家の朝は早いから地区センターは貸し切り。全部のおもちゃを使い放題でお城を建立している最中

おいらipod nano+w-zero3タイム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.06.15

夢占い

夢占いをやってみた結果はこうだ(笑)
あなたの夢は、今、意中の人がいるなら、スムーズにその人との関係が進展するという吉兆となることを知らせています。あなたの気持ちは届き、相手もそれに応えてくれることでしょう。二人の幸せな日々が到来します。積極的にアプローチするよう心がけてください。今が告白の絶好のチャンスです。

だそうです・・・
だれにしよう(笑)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

夢を見た

海岸沿いに来ている
岩場には海辺まで降りられる階段が15段ほどあって、直接海の中まで続いている
階段の一段一段には海辺で見られる生物の名前が書いてある白い樹脂のプレートが付いているが、その断に実際は生物がいるわけではない

僕は階段を下りて海の中をのぞき込むと綺麗な水色で大きさは雑誌サイズの大きなカニを見つけた。4~5匹いるうち、一番手前のカニと目があった。彼は水中でこちらを向いて大きなはさみを口の前にかざしている
カニには意思があって言葉こそ話さないけれど人間のような知能があるように思えた

しばらくカニと見つめ合っていると、カニは男の子でまだ小さいような気がしていた

海は台風の接近で波が高くなっている
空は低く垂れ込めた黒い活発な雲で覆われて薄暗い中、甲良の鮮やかな水色だけが妙に目立っている。

そんな夢だった
また夢占いで診断してもらおうかな(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.14

結局購入した2.5inch HDDケース

先般powerbookの内蔵HDDを40GB→100GBに交換してから問題がひとつあった。

4.7GB以上のDVDフォーマットを1層に収まるように圧縮してくれる便利なツールであるDVD2ONEをインストールしようとサイトに行ってみるとバージョン2になっていた。
僕はVer.1に正規登録していたが、Ver.2を使うには再登録で29Euro(約4500円)払えという
さらにダウンロードサイトからはVer.1が消されている。
用意周到、足下見やがって(笑)

そこまでされると意地でも払いたくなくなってきた
だって一回払ってるもん、シェアウエアー費

そこで他に同じような機能があるというToast7、調べるとアマゾンでも14000円…
他に使いたい機能はあるけどその値段だったら内蔵光学ドライブを交換したい

そこでVer.1をダウンロード出来ないかとネットを徘徊したけど残ってない
さらに保存用で使っている外付けHDDを検索したけど残っていない
僕はソフトはいつでもネット接続で最新版が入手できるからダウンロードしたアーカイブはすぐに消しちゃうんだけど、こんなことあるんだなあ

結局、残された手段として、交換してpowerbookから外してあった2.5inchHDDの中には残っているのがわかっていたのでここからソフトを吸い上げればいいのだが、問題はその手法
再びpowerbookを分解する元気はない(結構面倒)

そこで外付け2.5inchHDDケースを会社帰りにいつものドスパラ横浜店で買った
先日のエントリーでおUSBで遅いとか、用途が見あたらないとか買わない理由をごたごた書いたあれだ。
価格は1280円、安いなあ…(先日秋葉原を徘徊してたら1000円を切るのも結構あったのに)

早速自宅で組み付け、あっというま
さくっと認識ドライバーいらず(あたりまえか)、目的のソフトを新しい100GBにコピーして以前登録したコードを入力
無事DVD2ONE Ver.1.4が再び使えるようになりました

今回の経緯は結構満足してたりする

と、この記事を通勤電車で書いていたら、大切な友人のM君がVer.1のバックアップをメールで送ってきてくれた。ありがとう!
昨日ちょっと相談してたの覚えててくれたんだね。感謝!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.06.07

w-zero3のOPERAがアップデート

いつもの巡回先でOPERAがバージョンアップで8.6になっているのを知った
早速ダウンロードして入れてみた
インターフェースが変わって戸惑うとこもあるけどniftyの中の会員制ページマイニフティーにアクセスできなかったのが改善されていた。

w-zero3新型も発売されたようだしだんだん便利になって結構結構

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.06.06

どこでも寝られる特技

今朝起きたら居間の畳の上で、敷き布団をかけて寝ていた(笑)
どんな場所でもすぐに寝てしまうのが特技というか欠点でもある。
少なくとも会社や宴席で睡魔におそわれることがないのが救いだ

そんなことを考えていたら大学生の夏、3年連続でオートバイで旅をした北海道のことがふいに頭をよぎった。
一人で走った道東のあの道、木々の緑と空の大半を占める青空
好きなところで止まって風景を見て、また走り出す。
眠くなるとバイクを止めサイドスタンドを立てて、地べたに座って脚を伸ばしバイクの右側から愛車にもたれかかる。
ヘルメットを脱いだ汗で湿った髪が風に吹かれ気持ちがいい
そっと目を閉じると外が明るいから瞼を通して9月の太陽がオレンジ色に透けて見える。

意識がなくなる

ふと目を覚ますと睡魔はどこかに消えている
汗で濡れた髪の毛はすっかり乾いていて、腕時計を見ると30分ほどが経過している

昔からそんな睡眠のとりかたが得意だった
寝られない、起きられないとは全くの無縁で、今も睡眠時間のコントロールは大得意だ

そんなことを考えていて、ふと考えた。
もしもタイムマシンがあれば北海道の道路脇でバイクに寄りかかって目を閉じている20歳若い自分のその姿を遠くから望遠レンズで写真に収めて、会社の机に飾っておきたい
自由はそこにある、がんばれという意味で

いつかもう一度、一人で同じ道をゆったりと走ってみたいと今朝はしみじみと考えた

当時、ヤマハのDT-125LC1で1度、XJ-750E1で2度道東に受け入れてもらっていた
2台とも大好きなバイクだ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.05

やっぱり…秋田の男児殺害事件

亡くなった少女の母親が逮捕された
やっぱり
残念だけど僕の中にあった拭えない不信感が当たっていた

娘の四十九日法要で男の子を待って一緒に天国に行くんだとコメントしていたけれど、娘の死をそんなふうにたった二月かそこらで受け入れられるのは絶対におかしいと思っていたからだ

さあ、近所のおばさん、愛想のいいカーテン店の店長、塾の先生、幼稚園の送迎のお母さん、みんな危ない
金や性欲が目的でなくただ殺すことを目的とした大人から子供は逃れることは出来ない
こんな病んだ国は他にあるのだろうか?

憂鬱な気持ちになる朝だ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.02

「コッピー」って知ってる?

Img050
先日安いスーパーに買い出しに行った
店頭の花屋さんにコッピーという小さなコップで飼うグッピーに似た魚のつがいが売っていた。
価格は500円、微妙
結果から言うと次女、3女の要請で我が家の食卓の上においてある
昔だったら縁日の金魚すくいだろうけど最近はあんまり金魚飼っている家を見かけないような気がする。
まあ電子ゲームでペットを育てるより本物の生き物に接するのはいいかもしれない
そういえば俺も小学生の頃、タンボでザリガニ採ってきては飼うと称して大量虐殺になっちゃてたからなあ…
ザリガニの水槽は臭うんだよなあ(遠い目)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »