« 長女の中学入学式 | トップページ | スピッツのベストがいいね »

2006.04.07

Boot Camp

アップルのハードでWINが走る。それも公式にだ
喜ぶべき事なのだろうきっと
よりアップルが売れ利益を出し、開発費が増え画期的な素晴らしい製品に触れることが出来る可能性が高くなるのだから。

ほんと?そうなの?

アップルのOSに惚れてハードとソフトの一体感を楽しみたい人がアップルを買うのだと思っていた
それが両方使えるからとりあえずアップル買っておこうとなるのか?なるのがみんなの幸せなのか?

ものすごく複雑だ。

Appleの最大のセールスポイントはOSとハードが一体化した一貫したコンセプトが生み出す素晴しい使いやすさだ。

そこで今回のBoot Camp。
アップルのハードでWINを動かしてもそれは動くだけ、快感ではない
アップルの本当の良さはWINブートでは出ないよね
アップルのハードで動かすのはやはりアップルの作ったOS

でもね、両方使ってみてその差がわかるので有ればその意義はあるよね

だから今回の大英断、利益を得るのはWINからの移行組だけだね、と言ってみたりする
経営的には必要だったかもしれない。だけどあえてしない孤高の道を選んで欲しかった
反論異論はあるのは承知で僕の意見です

Macinさんのblogの記事では冷静に解説されています
なるほど、おいらスキルは別として心情は1の「ちょっと複雑で,AppleがWindowsに魂を売っちゃったんじゃないかとか,Mac OSに対するプライドはどこに行ったんだとかっていう思いが生じたりする反面,やっぱり少し便利だよねぇって思ったりするんでしょうか?
ただ,コアなMac信者はSteve Jobs至上主義みたいなところがあるから,Intel Macを受け入れた当然の帰結点としてBoot Campを受け入れるっていう考え方もできなくはないですねぇ」

・・・確かに・・・Steve Jobsがいいって言えば納得しちゃうかも・・・・

|

« 長女の中学入学式 | トップページ | スピッツのベストがいいね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26212/9476117

この記事へのトラックバック一覧です: Boot Camp:

« 長女の中学入学式 | トップページ | スピッツのベストがいいね »