« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006.03.29

季節限定

Img035
西からの帰り、最終便は春休みということもありいつもより家族連れや若いお客さんが目立つ。
しかしさすがに時間が遅いので、機体が水平飛行にはいるころには目を閉じているパッセンジャーのほうが多いように見える。

いつもはホットコーヒーを機内サービスでリクエストするのだが、今日は指向を変えて「レッドラズベリージュース」にしてみた。
春限定だそうで新しいものが好きな人はチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
自分ではなかなかすすんで買わないものもこうやって提供されると弱いんだよねえ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.27

その3

IMG_2779_1

| | コメント (3) | トラックバック (0)

羽田でその2

IMG_2777

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第2ターミナルでEOSで

IMG_2775
シャッター速度8秒、F22、ASA800 手持ち(フェンスにもたれかかって固定)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.26

休日の終わりを羽田空港で迎える

img033
日曜があと3時間ほどで終わろうとしている羽田空港の出発ロビーは、出発便がすでに全部終了していることから人気がなくしんとしている。
この時間に羽田を利用することが結構あるけど仕事帰りで重い足を引きずって、ゆっくりと景色を見る余裕など全くない。
今日は妻が帰省先から帰ってくるため、留守番をしていた僕は自宅から羽田に足を運んだ。

目的の便の到着より少しだけ早く付くように家を出たおかげで、のんびりとターミナルを改めて見て回ることにした。今日のお供はEOS KISSデジタルNだ
吹き抜けのモニュメントと宇宙基地のようなエレベーターを撮影して地下から一気に5Fまで昇ると展望デッキにたどり着く。
第一ターミナルのそれは建設時期が古いことから子供だましのようなところもあるが、こちらは大人がデートで使える雰囲気、つまりちょっと小洒落ている。
案の定数組のカップルがフェンスに寄り添っている。

僕はEOSをフェンス越しに構え手ぶれしないぎりぎりの1/20で何枚か駐機しているボーイングを撮影した。今日の風は西からなので滑走路は22だ、よって目の前でタッチダウンや減速は見ることが出来ない。
そこで、いっそ暗いなら暗いなりの撮り方をしようとASAを800、シャッターを8秒(訂正しました)の長時間露光として駐機してある機体とその周囲をせわしなく動き回る補助車両を狙ってみた。
手持ちながらフェンスにカメラを押しつけることでブレを回避しようと考えたのだが結果はどうであろう。
こんな楽しい使い方が出来てそこそこ写るのがすばらしいね〜
同じ機種を使っているお友達に負けないようにしなきゃ(笑)

ちなみに添付のしょぼい写真はW-ZERO3で撮影したものです
写真は家に着いたらアップしよう…

余談だが、先日のエントリーでW-ZERO3のホットスポット僕はあんまり利用しないと宣言したばっかりだけど、今日は便利に活用しているw。
だってバッテリー満タンなんだもん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沢山文字を書く時の武器とはエルゴノミクスシャーペン

ergonomix_main
コメントを頂いた内容で、手書きの文章では手首が痛くなるよと言うお話を頂いた
僕の場合は沢山書くとわかっている場合はエルゴノミクスシャーペンを使っている。
手の大きさによって指先と親指と人差し指の間で支える部分までの距離が違うので、ここを移動できるように工夫されている。
これが結構具合がいい。(宣伝ではありませんw)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.03.25

理系の貴方、作文は苦手ですか?

僕はいちおう理系だ。小学校の頃から算数と理科が得意だった。
それは中学にいっても同じで、漢字や歴史は苦手だった。なんか漢字の書取とか年号を暗記することに喜びを感じなかった、つまり嫌いだった。
高校に行って3年生になると文系と理系で授業のコースが違ってくる。そこでもなんの躊躇もなく理系コースに進んだ。
その高校は自由な風紀の公立高校で制服もなく、先生も生徒をしかることなどほとんど無くのんびりとした雰囲気の学校だった。その高校で現国(現在国語)の教師がちょっと変わっていて素敵だった。
きちっとスーツでロン毛、サングラス。授業も楽しかったと記憶している。
その彼の期末のテストの代わりに、いつも出されたのが、課題に対する読書感想文で原稿用紙10枚提出が義務づけられていた。
どこが出るかわからないテストよりなんぼかありがたかったが、当時原稿用紙10枚を書くのは途方もなく膨大な量と感じていた。当時3日ぐらいかけて書いたように記憶している。
やっぱり理系だから作文は苦手なんだなと自分で自分を慰めていたりしていた。

ところがどうだ、今では理系だからって仕事で文章を書かない日はない。いや、文章力によってその結果が大きく変わってくるシビアな世界だ。これは理系とか文系とか言っている場合ではないよね。
はっと気が付くと、いつも間にか文章を書くのは苦痛ではなくなっている自分がいる・・・
先日のホットスポットのエントリーなど1800文字、原稿用紙4枚半だ。これを通勤電車の中でw-zero3で40分ぐらいで書いている
手書きだったら絶対にありえないと思う
作文が嫌いな僕はいつのまにかいなくなっていた。上手か下手かは別としてね・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

白魚とは

K3100031
最近よく行く「四季の森フォレオ」で白魚が売ってた
しらうおではなく「しろうお」と読むんだ・・・間違えていた

こいつは、つい先日高いお店に連れて行って頂いた時にでてきたやつだ
透明で元気に泳いでいる3センチぐらいの透明なお魚
この間は三杯酢の中で泳いでいるのが出てきて、一気に飲み込むように食べた
味は正直わからないが、つるりと飲み込む食感というか、のどごしのみ残ってお腹の中で動くのはわからなかった
なんとも野蛮といえばそうだし、風流といえばそう感じる
で、自分で買ってまで食べるかと言えば・・・これまた難しい

やはり食べている人が少ないのか、売り場には「食べ物です」と表記されている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セスナが離陸失敗で炎上VIDEO

なんとなくwebを見ていると最近はやりのVideoをアップロードしているページにたどりついた
そのなかでセスナの離陸風景らしいサムネイルがあったので見てみた。
すると・・・病人を搬送するらしい。後部座席には大きな酸素ボンベ、前席には病人の母親らしき女性が泣きながら座っている。後席には医師らしい男性がなにかモニタ装置を持って乗り込んでいる。
離陸前の光景から、不整地を滑走、飛翔となるのだが車輪が地面を切ってすぐに左からの風に煽られたように流され、大きく傾く。
それでいながらもなんとか離陸するが高度が上がらず、そのまま墜落していってしまった。
見た感じはエンジンの出力が上がらなかったか重量が重すぎた、そんな落ちかただ
その後黒い煙が上がり炎上した・・・
乗員の安否が気になるが生存は厳しそうだ。英語でないのでアナウンサーがなんと言っているかわからない。
なんとも残念な光景が無情に残されてしまった

| | コメント (3) | トラックバック (0)

A320と日本アルプス

PICT7169
西から羽田に戻る便では左側の窓を指定した。名古屋を過ぎたあたりで、豊かな雪を山頂にたたえた美しい日本アルプスを見ることができる。
この時期は空気が澄んでいるので本当に美しく、見ていて飽きない。
新幹線にはない醍醐味だと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

羽田空港第2ターミナルから見る政府専用機

PICT7183
先般、西から羽田に帰ってきて飛行機から降りると、ボーディングブリッジから政府専用機が駐機しているのが目の前に見えた。
鞄からカメラを出してパチリ(デジカメだからピッピ)とした
空に浮かんでいる発光体はガラスに反射した後ろの照明で、UFOじゃありません

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.21

架空戦記「翼に日の丸」を読んでいる

4041492114
先日出張の友にと羽田空港第2ターミナル地下の本屋さんで荷物にならない単行本を買うことにした
目指すは某白に赤のマークの航空会社の内部腐敗を告発するような内容の小説、沈まぬ太陽だ、しかしさすがに配慮してなのか書棚に見あたらないので、他にいいのはないかとうろうろしていると、平積みにしてある中で、ダークグリーの主翼に描かれた大きな日の表紙に目がとまった。それが「翼に日の丸 上 双戦篇 角川文庫 川又 千秋 (著)」だ。
一言で言ったら架空戦記のたぐいだが、3巻で構成されていてしばらくは退屈しなさそうなので購入した。

わりと面白く読んでいる。昨日2冊目の中を近所の本屋で追加購入した

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.20

ホットスポットを利用するか?W-ZERO3

先日出張の際に羽田空港第2ターミナルでホットスポット、つまり公衆無線LANに接続してみた。
現在キャンペーン期間中でW-ZERO3ユーザーは無料でアカウントがもらえている。

実際使ってみるとさくっと認識して問題なく使える、すばらしい。

しかし、W-ZERO3のPHS通信で毎日快適にwebをブラウズしているのに、無線LANに接続する効果は恩恵として受けられているかと自分なりに考えてみた。

まずそのメリットは回線速度だ。
ところがいつも持ち歩いているPowerbookだとPHS接続がかったるく思うのだがW-ZERO3だと同じPHS接続であまりイライラ感がない。
その原因はPowerbookとW-ZERO3の処理能力の差ではないかと予想する。
つまりPowerbookでは回線速度がすぐにボトルネックになりつっかかり感があるが、W-ZERO3ではいい具合にバランスされてあまり違和感がないのかもしれない。
まあ、早い回線があるに越したことはない、大きなファイルの送受信があればなおさらだ。

さて、デメリットはあるか?
ある、そうオーナーの方なら換算に既知の問題の無線LAN接続をするとバッテリーをバカ食いすることだ。やすく見積もってもPHS接続時の半分も持たない。
また、贅沢を言えばアクセスポイントまで行かなければ接続できないから積極的に探し歩かなければその恩恵にありつけない。

要約すると月に1回、もしくは数回ホットスポットのサービスエリアに行き大きなファイルのダウンロードの必然性があれば月額数百円の価値があろう。ノートパソコンを持ち歩くユーザーにも朗報だ。現に僕も最大限に活用しようと考えていた。
実際にW-ZERO3を使い始めるまでは…

ところが、現在の心境は「無線LAN」はそれほど必要ではないだ
それは
・PHS接続でも結構快適(x1契約、最近はx2らしい)
・バッテリーの問題、コンセントが使える環境ならいいが難しい
・大きなファイルを出先で扱う必要性がほとんどない
・Powerbookを持ち歩かなくなった

そんなところで外出時はW-ZERO3の手軽さと機動力に大満足だ、OSが使いにくいのは置いといてね。
こうなってくるとメインのPowerbookを携帯性より処理能力や自宅での快適性を求めたくなったりする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春眠暁を覚えず

休み明け、目が覚めたらいつも家を出ている時間を過ぎていた
寝坊だ
僕の特技の一つに朝きっちりと起きられるという、あたりまえといえばそれまでの特技があるが、今朝はだめだったようだ。

急いで支度をして、いつもより15分遅れで家を出た。
昨夜晩酌をしなかったからかなと考えてみたりしながら電車の中でこの駄文をW-ZERO3で書いたりする春の穏やかな朝だ。

会社には余裕をもって到着するのは言うまでもない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.19

長女の卒業式

IMG_2004
金曜日は長女が卒業式だった
会社のみんなに迷惑をかけて休暇を取得してカメラ持参で乗り込んだ。

今はみんな着飾って卒業式に望むのね、綺麗なスーツばっかりだ
男の子なんて半ズボンなんかいないのね、当たり前かもしれないけど

30年前、僕が卒業した小学校を娘が卒業した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.12

レガシー補修完了

バンパー補修なんとか完了
結構綺麗でしょw
IMG_1758

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.03.11

実家のレガシー塗装補修

legasy
5年目を迎えた実家のレガシーツーリングワゴン、ランカスター6のフロントバンパーがかなり傷だらけだ。修理見積もりをとったら10万円を大きく上回ったらしい
そこで私に修理依頼が来た。
しかしこのレガシー、特別塗装色でパールホワイト、修理用の塗料の設定がない。
しかしいい時代ですよね、soft99が特別色を1本2000円でWEBで受け付けてくれますそれも注文で1週間で自宅に届きます!

結局下地づくりに半日、今朝から丸一日かけてホワイトプラサフ(白がいいねえ)、塗装色、クリア、ボカシ材と塗り、とりあえず塗装行程完成。
あとは1週間後にコンパウンドで磨くだけ
我ながらイイデキダ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

槇原敬之のアルバムを聴いて

新しいアルバムLIFE IN DOWNTOWNの中に「親指を隠さないで」という曲が入っている。

槇原敬之

「長いクラクションは世界中に向けた最後の別れを言うように・・・」で始まるように、身内の出棺の風景を火葬場に向かう車の中から見た視線で唄にしている。こんな瞬間でさえ切り取って自分のものにしてしまう彼の才能に敬意と嫉妬を感じる。
数年前なら涙に暮れて聴きたくもない内容だが、最後まで聴いてしまった。
涙が流れてしまったが、いい唄だと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.08

嬉しいこととは

嬉しいことがあった
みなさんの嬉しいこととは何でしょうか?
欲しいものが買えた、旅行に行った、好きな子からチョコレートをもらった、宝くじが当たった、仕事がうまくいった、美味しいものを食べた、狙ったあの娘とうまくいきそうだ、等・・・

ひとそれぞれ、その人ならではの幸せと喜びがあります

そして今日は嬉しいことがありました
それは「大切な友人にかわいい息子が生まれたことを祝福している自分を見つけた」ことです

人の幸せを喜べる、これは本当に嬉しいことです。
本当におめでとうMくん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.05

ロマンスカーに乗った

img030

日曜の朝に上りのロマンスカーに乗った
結構早い時間なのにほぼ満席
家族連れや年輩の方のグループ旅行の集団でにぎわっている

そんな中、俺はお一人様w
気楽な一人旅だ、現地のホテルで朝食後に解散の集まりに参加したからだ

ロマンスカーに乗ればロマンスが生まれるかといえば、世の中そんな仕組みにはなっておらず、こうしてW-ZERO3と戯れたりしていて、それはそれで結構満足だったりする

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分のセコサが嫌いになるとき

img028
温泉のある立派なホテルに宿泊した
幹事さんの粋なはからいで部屋の冷蔵庫に入っているビールやジュースは飲み放題だといわれた。
翌朝チェックアウトの時に、ふと冷蔵庫をあけると、まだ缶ビールが3本残っていた

カバンに入れようかと一瞬考えた小物の自分が嫌いです(笑)

結局、カバンにもお腹にも入れず帰ってきました。だれか同室の人が飲んだでしょう…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.01

appleに納めたお布施総額

ぼくがappleを使い初めてもう10年になる
昨日後輩から新品になって修理から帰ってきたnanoにいいなと言われた
僕はい「いままでいくらアップルにお布施を払ってるか知ってる?このくらいのサービスしてもらってもばちは当たらないと思うよ」って冗談を言った

そのことを思い出していったいいくらか気になりだした

そこでちょっと振り返るとだいたいの金額で
Performa 575 24万円
Powermac7300 21万円
PowerbookG4Ti 17万円(新古)
iMac DV400 16万円
PowerbookG4 12inch 15万円(整備再生品)
ibookG4 12万円(妻用)
ipod 5万円(2型)
ipod shuffle 1万円
ipod nano2万円
airmac extream 1万円

合計114万円
10年でこれだから1年あたり11万円か…

仕事で必要だったり、スキルアップした
やすいと見るか高いと見るかだが僕は妥当な線かと思った。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »