« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005.06.26

愛地球博に行った!(その5:JR東海 超伝導リニア館)

はっきり言って僕は全然鉄道に興味がない。仕事で関係しているが、新型の車輌をみていいなあなんて思ったことは一度もない。同じ路線なら迷わず飛行機で行くことを選ぶ。
だからリニア館に寄ったのはたまたま閉館間近で待ち時間がなかったからだった。
ネットなんかでもリニア館は評判が2分していて、走行映像の迫力がないとか、正面の走行風景が少ないとか、乗車したイメージが沸かないとかだったので、全然期待していなかった。

ところが、僕は感動した。車輌が通過時に引き起こすベイパー(高速で通過した後に気圧が下がり、大気中の水蒸気が霧のように沸き上がって析出する現象、戦闘機の羽根の先端からも急旋回時に起こる)を見た瞬間・・・
速度感はこうゆうところで感じるじゃないか!
そして圧巻はエアーブレーキ。非常用と思われるが天井のパネルが四角く持ち上がるものと、車輌端の制動板はF86セイバーのように四角いパネルが斜めに2枚出る!
やはり航空機のそれを参考にしているに違いない。
映像を見た後に精密チョロQを買いそうになったが、「電車だし」と自分に言い聞かせ、なんとか写真だけ撮影して我慢した。
時速500km越えはだてじゃない!おそるべきリニア、航空業界もこのままではやばいぞjr01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛地球博に行った!(その4:チェコの美人)

cheko01
夕方にたどり着いたのはグローバルコモン4
なんだか揃いの赤い衣装の美しい女性がたむろしている。年の頃14・5歳の少女達だ
透き通るような美しさはだたものではない。明らかに漂うオーラが違う・・・

どこの国の人か聞きたくなって「どっから来たの」って聞いてみたら
「チェパブリック」って早口でにっこり言った
「??」聞いたこと無いなあ、って困ったらチェコ館を指さし、パフォームしに来たんだと言う。
そうか、「Czech Republic」か!
なにか公演しに来たんだね。「そうか道理でみんな美人なんだ」とホントに思ったから褒めたら、思いっきり笑い転げてる。
帰り道、チェコ館の案内が貼ってあり、見ると「セヴェラーチェク児童合唱団」の少女のようだ
ちょっと異文化交流できてうれしくなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛地球博に行った!(その3:中国館の美人)

chaina02
中国の美人さんにお願いして写真をとらせてもらいました・・・
みなさん背が高く、おそらく170cm以上はあるはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛地球博に行った!(その2:中国館にて)

chaina01
午前中に中国館を訪れると、入り口で小顔のすらっとした美女のお出迎えがあった。
やっぱり僕はアジア人、白人の美女より黄色人種の美女の方が何倍も嬉しい(笑)
得した気分でした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛地球博に行った!(その1:入場)

金曜日に会社の休暇取得をして万博に行ってきた。
経路は悩んだけれど、トータルで安く済む自家用車で行くことにした。
高速代が往復で約9000円、ガソリン代が600km走行で約7000円、駐車場3000円
合計約19000円で行くことが出来る。これは新幹線で行った場合のほぼ一人分の運賃になる。
大勢で行かれる家族の場合は価値があるだろう。

早朝12:30に自宅を出発、横浜町田ICから東名高速を西に向かうこと3時間半で万博会場付近の駐車場に到着。
平日の深夜と言うこともあり、渋滞もなくいいペースで走行することが出来た。
会場からほど近い有料駐車場は一日3000円、6時に駐車場が空くのを待ってそこからLinimoに乗り換えて移動することとした。実際には駐車場から会場まで徒歩約15分で行くことが出来るのだが、ここは体験しておきたかったので2駅分乗車した。
走行音は静か、期待していた加速感も独特な感じ。駅での停車の減速のスムーズさは期待していたほどではないが前世代の新都市交通などからは進化を感じることが出来る。
というわけで早朝7時前に来たゲート前に到着、あたりはもう人が並びだしている。会場は午前9時・・・まず最初の行列
(しかしこの行列は意味があった)
待ち時間は、重たいのに持っていったPowerbook+PHSでネットに繋いで情報を再確認。待ち時間ももてあますことが無かった。2005年に持っていったのは、まだモトローラー製のCPUだったっけ、そんな回想をする日もいつか来るだろう。「あのころは重くて、バッテリーもすぐなくなっちゃって充電アダプターまで携行したんだよ」なんて遠い目で語る日が・・・linimo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.19

西に飛ぶ

朝早く西に移動しなければならなかった
土曜日に羽田空港を利用する機会は少ない
ターミナルはいつものスーツ姿は少なく、にこにこした観光目的の人手にぎわっている。
微笑ましい反面、X-Rayでの手荷物検査の列はなかなか進まない
ニュースで湿度が80%を越えるとアナウンスされていた羽田から機上の人となる。
機内は乾燥した空調になり、短い間なら快適でさえある

予約をするのが遅れ久しぶりに通路側しか確保できず、窓からの景色はお預けになる。
朝一番の便ながら座席に空席はない。この搭乗率なら航空会社も利益確保万々歳だ。もしかすると事故都続きの赤い尾翼のお客さんもずいぶんと流れてきているのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.17

インターネット相談

警視庁がインターネットの犯罪がらみの相談を受け付けるHPを作りました
架空請求などでお困りの方、必見です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.12

PowerbookG4の発熱

気温の上昇と共にPowerbookG4、12inch 867MHzの内蔵ファンが廻るようになってくる
今日のような気候だと使い始めて数十分で内蔵ファンが回り出し、なかなか止まらない。
こんな情報は既知の問題で改めてここで書くことではないが、Powerbookの数少ない弱点だ。
マイナーチェンジで少し良くはなったらしいが、そう大差の出るところでないだろう・・・

常に手が触れているパームレストの左側はけっこう暑くなってきつい。とてもじゃないが膝の上で使おうとは思えない。
ただでさえ下降カーブを描いている男性の大事な機能が加速度的に落ちてしまいそうだからだ(男性の大事なところは暖めてはいけません)
ここで先日のintelの採用でここらへんの問題がすっきり解決するならユーザーの受ける利益は大きいと思う。キーボードが光ったりトラックパッドを2本指でスクロール機能を持たせるのも良かろう、それはそれでいい。でも僕としてはOSXで動く小型軽量、長時間バッテリー駆動、熱くならない新Powerbookが欲しい。そんなんだったらCPUがintelでもウエルカムだ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.06.11

禁酒1週間、長い?短い?

先週の金曜日から1週間、お酒を我慢した
今日は金曜日、職場の仲間と飲みに行った。

生ビール、最初の一杯さぞ美味しかろうと期待して口にしたのだが、何故かそんなに感動しなかった
体調が悪いのかな〜
でもストレスは発散したぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.07

appleはintelを採用した件について僕なりの解釈

もう、数えられないくらい多くの方がコメントしているであろうintel採用のニュース
最初はものすごくショックだったので感情的なコメントになってしまった。
一日考えて冷静になってみた。

僕がappleを使っている理由は下記の点に共感しているからである。
・アプリケーションインターフェースの統一性
・ハードとOSの両方を作っている事から生まれる一貫したポリシー
・直感的な操作系
・私自身が一番売れているメーカーを買いたくないアマノジャクな性格
・使い出した当時はadobeのイラストレーターとフォトショップがマックにしかなかった

ここでCPUに対するこだわりはないことがわかる。ただ4番目はWintel軍団の頭脳を使うということに対する違和感はやはり、ある

しかし、ステーブ・ジョブズはこう語ったという「強力なラップトップに必要とされる低消費電力と高性能という2つの要件を、PowerPCでは満たせない」
確かにそうだ、PowerbookG5は発熱と消費電力を解決できていないのでいまだ日の目を見ない。
僕のPowerbookG4は夏場は暑くてきつい、又バッテリーも3時間ちょっとで日帰り出張でもACアダプターは手放せない。
ところが松下のレッツノートはカタログデータではあるがPowerbookG4の2倍近い駆動時間を誇る。

以前からバッテリーが9時間も持つ軽量でパワフルなapple製のノートを僕は本当に心から待ち望んでいる。そうなると、もしintelCPUを使ってこの問題が解決できるなら、僕はそれを受け入れようという気持ちになって来ている。いままでのappleの製品の良さが損なわなければ・・・

一番CPUを替えたくなかったのはスティーブだったろうし・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

PowerbookG4でマイク録音

先日から資格試験の勉強をしているが、40歳の脳みそはだんだん硬化しているらしく、なかなかはかどらない。
そこで通勤途中の時間を有効活用しようと、中学校のころ、雑誌の背表紙の裏に必ずあった睡眠学習方法を活用すべく、学習資料を音声化してipod shuffleに転送して覚えようとする計画をたてた。

フリーで録音するソフトを入手し、実際に自分の声を録音してmp3に変換、ituneへ登録、ipod shuffleに転送と手順を踏み、再生できた。
ただし、長時間続けているとPowerbookのファンが回り出し、内蔵マイクがその回転音を拾って芳しくない。
そこでイヤフォーンマイクを取り出してきて接続するのだが、マイクを認識しない。プラグを差し込むときにかすかにノイズが入るので回路は生きているようだ。
いろいろ悩んだ結果、アップルのディスカッションボードで回答を見つけた。

結論:PowerbookG4のオーディオ入力端子はマイク端子ではない。ゲインもインピダンスもちがう。簡単に言えば、AUX用の信号入力用のプラグだ。だから普通のマイクを繋いでもゲイン不足で何も入力できない(サウンド環境設定で切り替えるんだけどね)

解決方法:USB変換器を介するといいようです。
まあ、音楽のプロも使うでしょうからオーディオ入力端子もその存在意義はあるのでしょう・・・でも一般的にはマイク端子の用途の方が多い気がするんですけどね・・・ichatやろうと思っても外部マイクが認識されないPowerbookユーザー、多いと思いますよ。

さあ、大枚はたいて変換器を注文しようかな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.06

禁酒3日目・・・

さすがに飲みたくなったけどなんとか我慢した・・・
これからどんどん暑くなってくるから厳しい・・・

さあ、今夜はmacの祭典、WWDCだ
新型軽量Powerbookを希望!
まあ、一番の話題はintel製CPUの採用発表だろうか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.05

散歩に行った

子供を連れて散歩に出かけた
日差しもきつくなく、暖かくさわやかな散歩だった
普段車で移動しているから近所でも新鮮な風景に出会える。

何度か入ったことのない道に入って、行き止まりで引き返したけどね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.04

うぎゃあ!ホントにintelにするんだ!

絶対悪い冗談だと思っていたのに、本当にintel製のCPUに移行になるらしい
ネタもと
いやあ、なんだか敵の施しを受けるみたいで素直に喜べない・・・(intelから見たらAppleは敵に満たない存在だろうが・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

T-FALの電気ケトルを買った


とにかくあっという間に沸いてしまう。先日購入したのだが、すこぶる快適だ
保温機能はないのだが、カップ一杯だけならコーヒーの用意をしている間に沸騰してしまうスピード。
いままでお湯をずーっと保温していることを考えたらなんと省エネで清潔なんだろう
さすがお茶が文化として浸透している欧州の製品といえよう。沸かしたてのお湯は美味しいといいますがそんな気もしてきます(よくわからん)

これはお勧めです。冷ます手間が気にならない人には調乳ポットとしても清潔でいいですね。
買って良かった一品
次はオール電化にチャレンジしたいです(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.06.02

禁酒二日目(笑)

健康診断の結果が予想通り悪かったことと、近づいてきた資格試験日に恐れをなして禁酒をしている。
今日で二日目、会社帰りにビールを飲みに行きたい気持ちがふつふつと沸いてくるがなんとか我慢して家までたどり着いた。
賑やかな子供達を寝かし、今度は慣れない勉強を始める。
学生の頃にした試験勉強とは違う喜びと苦しみをいまかみしめている

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.01

万博の事前予約をしようとしたら・・・

インターネットで事前予約が出来るなんて今風だなと思っていたら、なんてことない人気パビリオンは一月先まで満員だよ
そりゃそうだよなあ、毎日10万人程度が集まるんだから・・・
一回250人収容できたって、15分に一度の入れ替えとして一時間に多くて千人、開催時間が12時間として1万2千人・・・入場者の1割ちょっとしか裁けないので予約が満員になるのもわかる気がする。

一月前の朝9時から予約開始なので、朝一番で一月先の予約をするしかなさそうだ・・・
まさにご利用は計画的にというところだ
Yahoo オークションで予約券が売られているのがわかるような気がする。
さあ、いつ行こうかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »