« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005.04.28

エアバスのコンセプトとは?

僕はこの本を読んで良かったと思います、勉強になりました

| | コメント (3) | トラックバック (0)

福知山線の事故とJAL・ANKのインシデントについて

福知山線事故は当日から多くのニュースが流れている。
まず、事故に遭われた方のご冥福をお祈りします
そして事故の原因究明と再発防止がされることを切に願うばかりだ

先般日本航空の一連のインシデント多発についても書いたように、人間は間違えを起こす
こればかりはどう努力しようと覆すことの出来ない事実だ。
その中でいかに利便性と安全性と引き上げていこうかというところが事業者に課せられた使命なのだと思う。

いろいろな原因も取りざたされているが、どちらも残念ながら人間が間違えを起こしてしまった
やはり人間のミスを見逃さないような多重系のコンピューター制御による監視が現在の状況より優れているのではないかと最近は特に思う。
人間の経験と英知はすばらしい物があるが、規則を守り同じ動作をきちっとこなすことに関して言えば信頼性の向上してきたコンピューターの方がもはや任せられる度合いが大きくなってはいないか?
もちろん手放しで人間が不要になるとは思わない、ただ人間がコンピューターを、コンピューターが人間をお互いカバーし合うシステムにしないと高密度、短時間ヘッドの運用を強いられる環境には適合しないのではないかと思う。

コンピューターと人間の対立、不一致した場合どちらを優先させるかの議論で必ず上がるのは、名古屋空港でエアバスA300の起こした惨事だ。結局オートパイロットをよく理解していない操縦者が起こしてしまったコンピューターと人間の不一致が起こした悲しい事故だが、その惨事をかてにさらにオートパイロットは進化し、そうならないような英知を絞って取り込んで行くべきだ。

その後フライバイワイヤーの採用した新型のエアバスでは、安全でない状態をパイロットが作っても、自動で回復操作に入るシステムを採用しているという。つまり完全にマニュアルでの飛行は許されていなく、安全範囲を越えた操作は三舵には伝わらず、例えば失速する前に機首が下がりパワーが上がっていくという。つまり、自動制御範囲内での手動制御といえる。これに対しボーイングの旅客機ではオートパイロットを切ったあとはどこまでも操縦者の意図に忠実に三舵を動かす事が出来る。それが地面に向かう制御であっても警報は出しても回復はしてくれない。
私はつい最近まで、名古屋の断片的な事故報道の知識でエアバスの考え方はボーイングに対して良くないのではないかという考え方を持っていたが、近年の制御では僕は賛同を覚える点が多い

繰り返すが人間は間違えるものだ、それをどう考えていくか今後この悲しい事故を糧にできるかが大事だと思う。

余談だが、朝元気だった身近な家族が急に帰らぬ人になった悲しみは想像に代え難いものだ
残念だけど僕はそれがわかる。ご家族の悲しみを思うと身を切られるようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.24

mac miniを買った、親父がだけど(笑)

ついにmac miniを買った、親父用だ。
PC DEPOTで買った、安い方をつるしの状態で買った
定価より安く税込み5万円とちょっとで買えた。
もうすぐサンフランシスコEXPなので、スペックアップ直前だけどこの値段なら満足だ
心配したメモリーだけど標準の256MBでとりあえずメールとWEBは普通に動く(時々スワップでカーソルが廻るけど、それほど気にならない)
問題があれば自分で分解して安くなったら1GBでもおごってやろう

実は親父が使っていたのは初期型のeMacだった、いわる問題になったCRT表示がおかしくなる「ジニィー現象」で、買って1年とすこし経って保証期間が過ぎたら画面が映らなくなった。修理見積もりは6万円。
頭に来た僕は外部モニター出力端子に新たに購入した3万円の17inchのTFTを繋いで、時を待った。

そしてMac Miniの発売・・・メモリー搭載量の関係でアップルストアーから買おうとしたんだけど、ここまで来たら意地でも安く買わなければとのことで今回の購入方法に至った。

セットアップをしながら、その静粛性、コンパクト性には舌を巻く出来だ。
騒音レベルはeMacと比べると比較にならないぐらい静かだ
いいハードだ。

なんとかOS9からOSXへの移行もブラウザとメーラーをNetscapeに統一したことで思うより障害無く移行できたような感じがする。

いい買い物だった

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.04.22

追悼、ロック岩崎さん

P1010038
厚木に来てくれたとき、サイン責めにあっても笑顔でした・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.21

Mr.インクレディブル発売!


Mr.インクレディブルDVD発売です、僕は娘と劇場で見ました。いい映画でした
思わず今年の年賀状ネタにしてしまいました
皆様から好評を得ているのですが著作権に抵触しそうなのでここでは公開できないのが残念です
この値段なら買います(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロック岩崎さんのご冥福をお祈りします

街で通りがかったTVで驚くべきニュースが目に飛び込んできた
「但馬空港で、曲芸飛行中の小型機「ピッツ式S―2C」が墜落した」だ!
あまりのショックに立ち止まって画面を凝視した。

国内でビッツで曲技飛行といえば、航空ファンならだれもが連想するのがロック岩崎さん、自衛隊のイーグルドライバーからの転身で全国の航空祭でファンの目を楽しませてくれた、あのロック岩崎さんがだ!!!

信じられなかった。
がTVに写し出された機体は、あの白地に赤の目になじんだあの塗装だ・・・草地に小破した姿が映し出された。
もしかして命だけは助かったかと思える破損状態だが、残念なことに亡くなったとの報道だ

昨年の百里基地、雨の合間に飛んでアメリカのサンダーバーズに意地を見せた彼がだ。実の娘さんの解説で飛ぶ手作りチームだった。

もう見ることができないなんて残念でならない。ロック岩崎さんのご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

日本航空一連の報道について

先日の千歳のクリアランス前に滑走を始めてしまった事件は確かにひどいインシデントだったと思う
その後機体からの脱落部品の発覚、整備中に作業者が機体を損傷させてしまった事故、さらに離陸前に油圧ラインからの多量の作動油漏れ、まさにこれだけの間によくもまあという数の報道だ。
千歳のインシデントは本当に緊急度が高い重要な問題を提起していると思う。完全なヒューマンエラーだ、一番起こってはいけない事象ではないか。鉄道なら信号が赤なら人がいなくてもATSが作動して停止できるが、離陸を始めてしまった飛行機を止めるのはまさにパイロットの手動による操作しか残されていないから。

いままでは管制官とパイロットの信頼関係や熟練した相互意識で事故を防いできたのだが、これだけトラフィックが増えてきた現在、滑走路手前に信号機を設けたり(離陸許可が出ないと信号機が進入できない)、滑走開始地点に信号灯を設置しグリーンランプを確認しなければ離陸滑走を始められないような方策など検討したほうがいいのではないだろうか?
あるいは無線操作でコクピットに滑走許可の信号を送り、その信号がないと機械的もしくは電子的に離陸推力に入れられないなどのミス防止システムの開発などだ。

確かに現在の手法は長い歴史に支えられた一つの確立された管制方法だが、所詮無線という音声の伝達によるコミュニケーションだ。言い間違え、聞き間違え、取り違えなどの可能性を0にすることは出来ない。だから復唱したりダブルチェックをするのだが、異国でのイントネーションの違い、一度聞き逃してしまえばその信号は残っていないなど視覚的な信号に比べ劣っている部分もある。

たった一人のルールを乱すパイロットのおかげでこれだけの問題的をしなければならないのだが、航空管制の積極的な制御の時代に入ってもいいような気もする。
今回は視界の悪い中、管制官のとっさの判断で大事故は避けられた。その管制官に熟達した技量に最大の謝辞を送りたい気持ちだ。

しかし、これだけでは終わらない。今日のニュースでは日本航空グループの副操縦士(50歳)が17歳の少女を買春した容疑で逮捕され、余罪も疑われているという。なんという無様なニュースだ。前記のニュースよりある意味ひどい報道だ。
パイロットだって人間なのはわかる、でもやっていい事と、悪いことの判断は付かなかったのか?捕まったらどのような報道をされてしまうか予想できなかったのか?そのパイロットはそこまでわからない判断力しかなかったのか?
報道が全てを報じているとは限らない、もしかしたらえん罪かもしれないし、なにか騙されたようなことで報道されてしまっている可能性も無いこともない。しかし、この時期に事件になってしまったことについては日本航空にとっても本人にとっても最悪の事態になってしまった。
押収されたパソコンとデジタルカメラがニュースで公開されていた。PCはアップル製ではなかったので少しホットした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.20

一眼デジタル春の陣

CanonのNew EosKISS デジタルが出たと思ったら、NIKONからD70SD50が発売になった
価格はオープンプライスだが、後者はレンズ付きで10万円を切ってくる価格か・・・

どんどん競争して欲しい物だ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.19

長男の命日を過ごして

日曜日が長男の四回目の命日だった
家族でお墓を参ってきた
天気はよく、気候は清々しくさえ感じていたが気持までそうはいかない

正直なところ、まだ4年しか経っていないのかという気持ちが強い
辛い時の時間の流れは遅い。

今回は楽しい書き込みにはならなかった
残念

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.11

B747-400とipod shuffle

747

747-400で、ふと右の肘掛けにあるイヤフォーンジャックを見ていて気が付いた、チューブ式のプラグの上に普通のminiジャックがあることを・・・

16Rから上昇した機体は東京湾を南下し八景島を右手見たところで右に旋回、西に向かうところで低い雲の中にすっぽりと入った。
乳白の雲の中を上昇していく、あたりが明るくなったと思うと低層の雲を抜け出し、明るい空に出た。そのころには富士山はとっくに後方に過ぎ去っていた。

多くの機内備え付きのイヤフォーンはチューブ式で、樹脂の管を音が伝わる方式になっている。なんだか聴診器みたいでいつも不思議だった。こいつはチューブがジャックの直近で折れ曲がると音が聞こえなくなるので取り回しに気を遣うのと、長い間着けていると耳が蒸れてしまうので僕はあまり好きではないので搭乗しても着用しないことが多い。唯一、JASの777が電気式の小型のヘッドフォンが装備され使いごごちが良かったのを記憶している。

しかし今日のB747-400にはチューブの差し込み口の上にminiジャックらしき物があるのを今日初めて気が付いた。試しに持っていたipod shuffleのヘッドフォンを差し込んでみたらばっちり使えた。
機内でも白いヘッドフォン、なんだか不思議だ・・・人生はipod shuffleだと言ってみたりする。

キャビンアテンダントのアナウンスではかすかに音が割れるが音楽では全く問題ない、快適だ。
ヘッドフォン一つでずいぶん感じが代わってくるものだ、なんていったって体と機械のインターフェースの部分だもんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.10

図形って面白い?

小学6年の長女が「図形が難しい」と言った
僕ははっきり言って算数得意だったから図形はサービス問題ぐらいに思っていた
うむむ、まず嫌いなイメージを払拭するには・・・本を買った
結構喜んで見ているよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.04

iPhotoで豪華アルバムを注文した

indexbooks20050114
前からやってみたかった世界に一冊だけのアルバムをiPhotoで作成し、そのままアップルストアーに注文した。
知らない方のために・・・
mac純正のiLifeの中に入っているデジカメ写真の整理をするソフト、iPhotoでは、整理したデジタルアルバムを本物の写真集にしてくれるサービスがある。レイアウトを終了して数回クリックするだけで発注完了、豪華な表紙が着いてお届けされる。

今回は一番いいハードカバーのものを注文したり、ページ数も欲張ったので結構いい値段になってしまったけど、一回飲みに行ったと思えば、一生物だから安い物だ。出来は配達されたらご報告します!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.02

20inch液晶テレビが4万円台、PC入力も出来る・・・ちょっと欲しい

B0001KL1GG.09.MZZZZZZZ

いやあ、だんだん安くなってきました、昨年だったら間違えなく20万円はしていましたよね
これぐらいの価格なら手が出ます、ちょっと欲しいかも
macminiに繋いだらいいかなと思って調べたら、PC入力での解像度は1024×768の解像度入力ですが、ドットそのものは640×480なので写真やDVDはいいですがテキスト作業向きではないですねえ、要注意ですね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ipod shuffleの調子が悪い

この1週間ぐらい前から、ipod shuffleの左チャンネルに雑音が入る。最初はヘッドフォンの問題かなとタカを食っていたんだけどどうやらそうではないらしい・・・Powerbookにヘッドフォンを装着して視聴すると全然問題ない
ということはipod shuffle本体の問題だなあ・・・
修理依頼しよう・・・

と思ってipod shuffleで再確認したらたら再現しない
ヘッドフォンの内部で接触不良なんだろうか?ちょっと様子見

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »